関東の出雲さん、出雲大社相模分祠、御朱印帳

関東の出雲さん、出雲大社相模分祠、御朱印帳

TOP > 御朱印帳

御朱印帳

御朱印帳

◎ 新年よりオリジナル御朱印帳を新たに頒布します

鳳凰
鳳凰3種 各1,500円(写真:裏面と表面)
干支『丑』
各2,000円
           

伝統工芸の蒔絵調に金箔を装丁した鳳凰と神話に伝えられる空想上の神獣のデザインの御朱印帳と、干支の亥のオリジナルデザインの二色の御朱印に装丁しました。
日本を代表する銅版画家の多賀新氏に依頼し、特別にデザインを用意しました。

多賀新氏は1973年、版画グランプリ展賞を受賞、その後国内で数々の賞を受賞し、国内の版画のみならず海外でも活躍する日本を代表する現役の人気画家の一人です。
独特の動物や人体モチーフの使い方、宗教感を取り入れた和製シュルレアリスムとも言える圧倒的な世界観は世界中でファンを生み、
現在多賀新の版画は世界中の画廊で取引されています。



◎ 御朱印

出雲大社相模分祠

出雲大社相模分祠

初穂料 500円(手書き)あるいは(奉書紙)

御嶽神社(みたけじんじゃ)

御嶽神社

初穂料 300円

八坂神社(やさかじんじゃ)

八坂神社

初穂料 300円

三社セット(出雲大社相模分祠・御嶽神社・八坂神社)

初穂料 1000円(手書き)あるいは(奉書紙)

※12月30日から1月末まで多忙につき混雑解消の為、事前に奉書紙に書いた御朱印を授与します。 当社発行の御朱印帳は従前どおり揮毫しますが、混雑時にはお並び頂くこともございますのでご了承下さい。2月以降であれば通常通り御朱印帳に揮毫できます。
御朱印は午前9:00-午後5:00までのご対応となります。

昨今、正月(1月)に一部の方々によるマナーの悪い御朱印帳の持ち込みが多く、社務に支障をきたしているので混雑時の1月は書き置きの奉書紙の朱印を授与します。
 ・巫女、職員に暴言を吐く。・他人の御朱印帳を持ちかえる。
 ・一度預けた御朱印帳を自分のものと認めず弁償を求める。
 ・夜間に勝手に社務所に入り御朱印を求める。
 ・他の人が並んでいるのに話してばかりで帰らない。
 ・並んでいる行列に割り込み神職巫女に暴言を吐く。
 ・後日紙での朱印を持込み、朱印帳に書き直せと要求する。
 ・望み通りの対応が受けられなかったとして交通費、金銭を請求する。
など。書き手の確保が困難になり、社務に支障がでております。
真面目に参拝している方には大変申し訳ありませんが、1月中の混雑時に御朱印帳をお預かりしても当社として責任を持った対応ができません。
令和2年より防犯カメラを設置してカスタマーハラスメント防止対策をしております。 今後も続くようであれば、予告なく全ての朱印を中止する対応をとります。

令和2年3月1日より改定


出雲大社相模分祠公式ブログ

出雲大社相模分祠公式Facebook

出雲記念館公式HP

出雲大社相模分祠直営店 八雲庵